Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.

お問合わせ

言語の変更

テナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)T7AMRがグッドデザイン賞を受賞

クラス最高のAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)

テナントカンパニーのT7AMRは、そのデザインで2019グッドデザイン®賞を受賞しました。メトロポリタンアーツプレスと一緒にシカゴ建築博物館で開催された70周年を祝う当アワードは、市場で革新的な製品を生み出したデザインと製造の業界リーダーを表��します。この賞の受賞者は、デザインの専門家と業界の専門家の審査員によって決定され、製品のデザイン、機能、および美観の品質で判断されます。

T7AMRは、マイクロプラスチックを感知する自律型水中車両、ロボットリーチトラック、バキュームチャンバーマシンなどの製品とともに、産業部門で受賞しました。グッドデザイン賞のコンテストには、エレクトロニクス、家具、個人用デバイス、ペット製品、ロボットなど、合計29のカテゴリがあります。テナントインダストリアルデザイナーのPeter TabelingTou Yia ThaoT7AMRを設計しました。テナントのインダストリアルデザインチームは、ロボット技術と、乗車型自動床洗浄機T7と可能な限り多くの共通部品でマシンを生産できることの両立する設計を実現するために協力し、製造効率、コスト、部品数の制御、サービスのシンプルさなどを可能にしました。

 見た目以上のもの

AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)T7AMRはその見た目が美しさでこの賞を受賞しましたが、カメラやセンサーにより実際の環境で安全に動作し、機械が安全であるという自信を植え付けるように設計されています。他の製品と同様に、T7AMRを開発する際、テナントカンパニーのエンジニアにとって持続可能性と効率も重要な要素でした。マシンの実行時間は最大3.5時間で、テナント独自のec-H2Oナノクリーンテクノロジーを使用して、水を電気的に電解水+ナノバブルに変換し、洗剤を使用を削減します。

 チーム全体の努力

AI搭載清掃ロボット(自動洗浄機)の製造には多くのことが費やされています。 T7AMRの開発時に設計チームが直面したいくつかの課題がありました。テナントカンパニーのインダストリアルデザイン&イノベーションのダイレクターの John Ickes、「私たちのチームがT7AMRを作成したのは10か月もかからず、その間、多くのセンサーとカメラを統合して、既存の従来のスクラバーをロボットに変えるという大きな課題に直面していました」

「最終的に2019グッドデザイン賞を受賞したという事実は、チームの努力をさらに強化しました。私たちは、お客様がが魅力的で使いやすいと感じる方法で自律技術を統合した製品を開発したチーム全体の努力を誇りに思っています。


お問い合わせ

​​​​​

詳細情報

最新の記事

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した「グリーンクリーニング」とは

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した環境・人にやさしい「グリーンクリーニング」についてご案内します。

テナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)は、北米・日本で、すでに東京ドーム約 8000 個分を清掃!

AI 搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、北米・日本を中心で導入が進み、東京ドーム約 8000 個分のエリアを清掃しています

テナンカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)の安全性について

AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、安全性が高い清掃ロボットとして定評があります

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

テナントカンパニー(床清掃機・スイーパー)納入事例(オーストラリア):リサイクル工場

テナントオーストラリアは、リサイクル工場に乗車型床清掃機S20を納品しご活用いただいております。

さらに記事を読む

ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​