Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.

お問合わせ

言語の変更

テナンカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)の安全性について

​AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は安全性が高い自律型床洗浄機として定評があります。T7AMRについて寄せられる質問の中で、最も多いものは『ロボットの安全性』に関する内容です。今回は、ロボットの安全性についてよくあるご質問3つと、それらの回答をご紹介します。
 
1.突然、人や物体がT7AMRの前を通過してしまった場合はどうなりますか?
 
T7AMRには複数のカメラが搭載されているので、予期しない物が本体に近づいてきても、それらを識別することができます。
T7AMRの前で動く人または物体を検知すると、距離に応じてすぐに減速・停止できるよ��に設計さ���て��ます。地���から約10cm、90cmの高低2ヶ所に配置されているLIDARセンサーが、広範囲に、そして潜在的な障害物までもスキャンします。T7AMR自体が、障害物を回避しながら移動することができます。障害物が大きい、複数あるなどで周囲の移動が困難な場合は、一旦停止して登録端末(スマートフォンなど)に状況を通知し、サポートを要請します。
 
2.避けられない障害物がT7AMRの前にある場合はどうなりますか?
 
清掃作業中は、回避が難しい障害物に出くわすこともあります。例えばショッピングモールなどの落下した床、学校の階段、多くの施設に常設している棚などです。AI搭載清掃ロボット(床洗浄機)『T7AMR』は、自律清掃中に広範囲、もしくは大型の障害物を検出すれば減速しながら停止するので、判断能力に優れています。
 
3.      T7AMRにはどのような安全機能が設計されていますか?
 
AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』には障害物検出ソフトウェアの他、より安全に作業するための数々の機能が備えられています。
 
・2つの停止ボタン
・方向指示器
・シートセンサー

 4.      T7AMRの安全機能で、人為的ミスを減らして作業効率アップ
 
清掃ロボット(自動床洗浄機)による清掃作業が最も安全といえるためのポイントは、人為的ミスによる損害を無くせることです。
特に夜間の清掃員は、疲労によって集中力を失いがちで、事故や器物の損傷などのトラブルに遭遇する確率が上がってしまいます。
T7AMRには、一貫性を保った多様な安全機能が組み込まれています。だからこそ、ユーザーは信頼を持って清掃作業を任せることができます。

お問い合わせ

​​​​​

詳細情報

最新の記事

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した「グリーンクリーニング」とは

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した環境・人にやさしい「グリーンクリーニング」についてご案内します。

テナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)は、北米・日本で、すでに東京ドーム約 8000 個分を清掃!

AI 搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、北米・日本を中心で導入が進み、東京ドーム約 8000 個分のエリアを清掃しています

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

テナントカンパニー(床清掃機・スイーパー)納入事例(オーストラリア):リサイクル工場

テナントオーストラリアは、リサイクル工場に乗車型床清掃機S20を納品しご活用いただいております。

さらに記事を読む

ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​