Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.
電話番号: 045-640-5630
​​​​​

お問合わせ

言語の変更

ソフトバンクロボティクスAI清掃Pro搭載!T7AMRの特徴とメリット

テナントカンパニージャパンのロボット型床洗浄機「T7AMR」は、AIによる自動走行と自動清掃、そして独自の清掃技術を搭載した床洗浄機です。

 「T7AMR」は、操作のしやすさ、安全性にも優れており、生産性の向上・コスト削減も実現します。

 改めて、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供するAI清掃Proを搭載したロボット型床洗浄機「T7AMR」の特徴とメリットをそのAI機能(AI清掃Pro)を中心にご紹介させていただきます。

 

 

「AI清掃PRO」は、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する自動運転洗浄機向けの「BrainOS」等を清掃の現場でご利用頂くためのサービスです。

 

 ロボット型床洗浄機「T7AMR」の特徴は? 

 

業務用清掃ロボット「T7AMR」は、自動清掃技術を搭載しています。

AI搭載により、人や物の障害物を避けて、記憶した清掃ルートを正確に清掃することができます。

 また、テナントカンパニージャパンの独自技術による優れた洗浄性能も期待できます。

 万が一に備えて緊急停止するといった安全性の高さも安心ポイント。ここからは、ロボット型床洗浄機の「T7AMR」の特徴を詳しく見ていきましょう。


 BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクス「AI清掃Pro」搭載!

 

業務用清掃ロボット「T7AMR」は、BrainOSを利用したソフトバンクロボティクス株式会社が提供している��自動運転洗浄機サービス「AI清掃PRO」を搭載しています。

 

「BrainOS」を利用したAIによる学習能力を活かして、清掃ルートを記憶したり、人や物などの障害物も避けながら自律清掃することができます。業務用清掃ロボット「T7AMR」には、3Dカメラや自動運転用センサー「LiDAR」を搭載しており、センシング技術が生かされているのです。

  また、AI機能のディープラーニング(学習効果)による自律清掃方法の改善も期待できます。清掃情報はクラウド上で蓄積。障害物��避ける自動運転を繰り返すことで、より対応方法が改善します。

  操作も非常にシンプルで使いやすいのもメリットです。

最初に人間が手動させると、ロボットは清掃ルートを記憶するので、

 次からは同じルートを自律清掃することができます。

 清掃ルートを変更したい時は、手動で新しい走行しルートを記��させると、簡単にルートが再設定されるので手間が省けます。

  催事のレイアウト変更があっても、ルートの再設定が簡単にできるので、いつでも最適な走行・清掃が可能となり、非常に便利です。

  こちらにも「BrainOS」を利用したAI機能ととともに、3Dカメラや自動運転用センサー「LiDAR」を搭載しており、センシング技術が生かされています。

  このように、業務用清掃ロボット「T7AMR」は、「BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクス株式会社が提供する「AI清掃PRO」技術が生かされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

独自技術による高洗浄技術

 

業務用ロボット掃除機「T7AMR」は、テナントカンパニーの独自技術による洗浄技術「ec-H2Oナノクリーン」も特徴です。

  電解水とナノバブルで洗浄する独自の洗浄技術「ec-H2Oナノクリーンテクノロジー」を採用。

 洗浄には洗剤を使用せず、電解水とナノバブルを利用した洗浄により、少ない吐水でも広範囲の床面積の清掃が可能となっています。

 床洗浄機本体内で水を電解して得られるナノバブルと電解水を洗浄液として活用する先進のテクノロジーです。

  高い洗浄力により水の使用量を抑えることができ、長時間の洗浄が可能です。

  稼働中に給排水や充電は必要なくなり、1回の給排水で、長時間(3時間連続)、広範囲(6000m2以上)の清掃が可能になります。

 汚水の回収は、アーチ状のパラボラ型スクイージーの採用、そして水と空気の流れを解析した設計により、ほぼ100%の汚水回収を実現します。

 

 

 

 

 

 

 

万が一に備えた高い安全性

 

業務用清掃ロボット「T7AMR」の特徴は、洗浄力だけでなく、安全性の高さも人気のポイント��

  業務用清掃ロボット「T7AMR」ロボットはAI機能による学習能力があり、人や物など障害物はラクラク回避します。

  万が一の場合に備えて緊急停止した場合は、画像による通知がスマートフォンに送信されるので、すぐに駆けつけることができます。

 これらにも、3Dカメラや自動運転用センサー「LiDAR」のセンシング技術と「BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクス株式会社が提供する「AI清掃PRO」技術が生かされています。

  本体からも警告音を鳴らして、スタッフやお客様に緊急事態を伝えるような設計となっているので安心です。

業務用清掃ロボット「T7AMR」本体には、赤の緊急停止ボタン、青い一時停止ボタンが完備されており、しっかりとした安全対策が施されています。

 狭い場所での方向転換、スリップ、転倒は、自動ブレーキとパーキングブレーキの作動により、リスクが低減されるでしょう。

 

清掃データの可視化により効率アップ

 

業務用清掃ロボット「T7AMR」には、清掃データの見える化により、日々の清掃レベルが徐々に進化させることができるのも特徴です。

 「レポーティング機能」は日々の清掃パターンを蓄積して、データ化することで、清掃状況の見える化を実現します。

  清掃した場所、清掃していない場所を特定して、清掃時間を記録します。

 清掃情報・清掃データを可視化したレポートは毎週1回発行されるので、清掃ルートの改善に役立つでしょう。

  これも、「BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクス株式会社が�� 提供する「AI清掃PRO」技術が生かされています。

 

 

企業の生産性向上とコスト削減

 

これまでの業務用清掃ロボットは、途中で充電・給水をしなければならない手間がデメリットでした。

 それに対して、ロボット型床洗浄機「T7AMR」は清掃途中の充電や給排水が不要になるため、生産性向上とコスト削減に繋がります。

今まで床清掃にかかけていた時間とコストを削減でき、今後は、従業員に付加価値の高い仕事に回すことができるようになるでしょう。

業務用清掃ロボット「T7AMR」を使えば、清掃を効率化し、コスト削減にもなるので、一石二鳥といえるでしょう。

 

ロボット技術で清掃に革命を起こす

 

近年、日本は少子高齢化と若手人材の人手不足が大きな課題となっております。どの業界も人材の確保に苦労しているのが現状です。テナントカンパニーの床洗浄技術にAIを融合した「T7AMR」は、まさにロボット技術で清掃に革命を起こしたといえるでしょう。

  今後の日本は、さらなる高年齢化が進み、若手人材の確保が困難を極めて、厳しい人材不足という課題に直面すると見られています。

人が操作せず、ロボットが自動運転技術により清掃を行う「T7AMR」は、社会的問題の解決を実現していくでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ロボット型床洗浄機「T7AMR」の特徴と導入メリットについて、「BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクス株式会社が提供する「AI清掃PRO」技術を中心にご紹介していきました。

 「T7AMR」は、企業の生産性向上とコスト削減に役立つ優れた製品です。

「BrainOS」を利用したソフトバンクロボティクスAI清掃Pro搭載したテナントカンパニージャパン「T7AMR」にご興味ある方は、テナントカンパニージャパンまでお問合せください。​

お問い合わせ

​​​​​

詳細情報

最新の記事

キャニスターバキューム2機種発売開始

​キャニスターバキュームの新商品の発売を開始しました。​

ウェット&ドライバキューム2機種発売開始

吸引力に優れたウェット&ドライバキュームの発売を開始しました。​​

清掃ロボットを、ビジネスに活かしましょう!

清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!​​​

1.清掃ロボット(床洗浄機)はビジネスでも役立つ!

清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!

2. 清掃ロボットのメリットとは?

清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!

3.清掃ロボットのデータの活用により清掃効果を改善!

清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!​​

4. 清掃ロボットを導入することで、従業員を確保できる!

清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!

5. 清掃ロボットは会社のブランドを高める!

​清掃ロボット(床洗浄機)を導入することによって、事業をもっと拡大できます!

さらに記事を読む

ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​