Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.

お問合わせ

言語の変更

3.清掃ロボット(自動床洗浄機)のデータの活用により清掃効果を改善!

販売データからGPSデータ、健康データなど、現代ではビジネスや生活全般にわたってデータ活用され、いまやデータは非常に重要な存在です。データを活用すれば現状「理想の状態とを比べて、どうやったらその状態にたどり着けるかの最適なプロセスを導くことも出来るのです最小限の投資で最大の利益を得たいビルメンテナンス会社および施設管理者にとって、データは優れたソリューションです。データレポート機能のある清掃ロボットを使うことで、掃除に関する様々な情報が得ら、効率よく掃除することができるのです。データを使って効率よく清掃できることには、以下の4つのメリットがあります。

経費を削減できる
従業員の健康と安全確保できる
掃除ミスを減らせる
まだ改善の余地のある分野はどこかを特定できる。

400施設を対象としたアメリカの調査では、昔のタイプの清掃ロボットと、データレポート機能のある新しいタイプの清掃ロボットとで、清掃結果に違いがあるか比較されました。データレポート機能のある清掃ロボットは昔のタイプの清掃ロボットと比べ、見た目の清潔さが100点満点で言うと20点も向上しました。当然、顧客満足度もデータレポート機能のある清掃ロボットのほうが高かったです。

T7AMRにおけるのデータ活用のもう1つの方法は、週1回のサービスレポート(清掃作業報告書)を作成することです。このレポートは、ビルメンテナンス会社または清掃チームが決められた時間内に決められたスペースを清掃したことを証明するもので、クラウドからメンテナンス会社に提出されます。レポートの情報は、ビルメンテナンス会社がきちんと清掃したという実績として、お客様と共有することできます。

ビルメンテナンス会社にとってサービスの証明書を提出できるということは、お客様に自社の価値をアピールすることや、他社と差別化できるため新しい顧客を勝ち取ることにつながります。施設管理者にとってはロボットの使用状況データを見ること清掃結果を確認 リソースを最適化し、より効率的に清掃ロボットを使うことで、予算内で最も利益を得ることができます。

お問い合わせ

​​​​​

詳細情報

最新の記事

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した「グリーンクリーニング」とは

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した環境・人にやさしい「グリーンクリーニング」についてご案内します。

テナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)は、北米・日本で、すでに東京ドーム約 8000 個分を清掃!

AI 搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、北米・日本を中心で導入が進み、東京ドーム約 8000 個分のエリアを清掃しています

テナンカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)の安全性について

AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、安全性が高い清掃ロボットとして定評があります

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

さらに記事を読む

ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​