Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.
ホーム»製品»

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)を選ぶポイント

お問合わせ

言語の変更

Untitled Document

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)の種類

 

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)は、次の2種類が主流となっています。

清掃環境や目的に合ったものを選ぶことが大切です。

1. 歩行型

本体に取っ手がついており、それを進行方向に向かって押しながら洗浄を行うタイプです。洗浄タンク、汚水回収タンクともに大容量で、一度で長く広い面積を洗浄できるため生産性に優れています。そのため、歩行型は清掃面積が広い場所の清掃に最適です。テナント製品では、「R3コード式カーペットエクストラクター」「1200(EX-SC-1530)カーペットエクストラクター」「1610バッテリー式カーペットエクストラクター」があります。

2.ポータブル型

非常にコンパクトで簡単に持ち運びできるサイズのカーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)です。カーペットの洗浄はもちろん、布地のソファや車のシートなど様々な布製品のシミとり行います。テナント製品では「1000ポータブルエクストラクター」が該当します。

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)が出来ること

 

カーペットエクストラクター (カーペット洗浄機)は、日常のメンテナンスでは取り除くことが難しい染みや汚れを取り除くのに効果的です。そのため、1台あれば定期的にカーペットのクリーニングを行えます。ポータブル型においては室内のカーペット以外の布製品のしみ取りが行えます。このようにカーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)を活用することで、コストを削減しながら施設の美観を保つのに役立ちます。

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)の操作性について

 

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)の操作は非常に簡単で、ストレスなくカーペットの洗浄を行うことが可能です。

使用方法は、水を専用のタンクに入れ、あとは動作を開始すれば機械が自動で洗浄を行います。洗浄方法は、カーペットに洗剤を吹きかけ、浮いてきた汚れを含んだ水を回収して、汚れる前の状態に戻します。テナントのカーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)に導入されている最新技術「レディースペース」は、直接水をカーペットに吹き付けないので、使用する水の量が抑えられながら高い洗浄効果を発揮するため、30分以内にカーペットが乾燥します。

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)を選ぶポイント【清掃機器】

 

カーペットエクストラクター (カーペット洗浄機)を選ぶ際に気をつけたいポイントは次の2点です。

1.乾燥にかかる時間はどのくらいか?

カーペット洗浄では水や洗剤を使うので、洗浄後乾燥するまでに一定の時間が必要になります。その時間が長いほど歩行者の転倒事故のリスクや、ホテルや空港などの施設の使用可能時間を制限してしまうことになります。通常のカーペットに水を打ち込む方式では乾燥時間が数時間かかります。テナントの「レディースペース」は本体のナイロンローラーを湿らせて汚れを付着させる拭き取り方式のため、乾燥するまでの時間が30分以内です。

2.ブラシの大きさ、タンクの容量は清掃環境に合っているか?

カーペットエクストラクター(カーペット洗浄機)は種類や製品によってブラシの大きさやタンクの容量が異なるため、使用する環境に合わせた製品を選ぶことが大切です。広い面積の洗浄を行いたい場合はサイズに合わせた歩行型をお選びください。

​​​​​

詳細情報


ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​